The Road to EXCELER ~エクセラーへの道~
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 月別アーカイブ: 2007年7月

月別アーカイブ: 2007年7月

入力したセル番地を計算式で参照する(indirect関数)

銀座「マイハンブルハウス」です。

プランタンの裏側にあるシンガポールレストランです。
生ライブを聴きながらおしゃれな空間で一風変わったテイストの料理を食べてみたいときにお薦めです。

肉も魚もおいしかったですし、ドリンクも充実してました。

シェフも有名な方のようです。全然知りませんでしたが。。
また、写真ではなんか狭そうに見えますが、実際はえらい広々とした空間が広がってます。
(写真の意味無い。。) σ(^_^;)

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚

さて、エクセルで表を作成していると、「あー、ここは縦に組み替えて表示したかったなぁ」とか、逆に「横方向に表示させればよかったなぁ」とか思うことが多々あります。

[編集(E)]→[形式を選択して貼り付け(S)]から、「行列を入れ替える(E)」として縦横を反転させることはできますが、複数の行・列を指定してやるとなかなか思い通りに並んでくれない場合もあるのではないでしょうか。

そんなときは作業用セルを用意して、そこにセル番地を入力し、indirect関数を使って柔軟に並べ替えましょう。

"エクセルを活用"して業務効率を最大化する(2)

「寿し常」です。

チリンチリン!という鐘の音とともに、大きな生け簀から魚を取って目の前ですぐに捌いてくれます。
一貫180円均一という良心的な値段でおいしい寿司が食べれるので、早めに行かないと行列に並ばされてしまいます。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚

前回からの続きですが、例えば、この前「コピーと切り取りで連結式をコントロール」する方法を書きました
が、通常、市販の本では、連結式をコントロールするには、[編集(E)]→[リンクの設定(K)] からの一連の流れを解説しています。また、コピペの方法や切り取りの方法も解説されますが、それらはバラバラに解説されるので、コピペで連結式をイジろうとはなかなか思いません。それを発見するのは、結局のところ、自分でいろいろと使っているうちに気付いたり、あるいは人から教えてもらったり、という"行き当たりばったり"に頼るしかありません。

電車の話で例えると、「どこそこのURLに飛んで最寄りの駅の始点と終点をこうやって入力すれば経路探索できますよ」ということは本を読んでわかっても、「○○線はよく止まる」とか、「△△線は×時~×時の間はよく遅れる」とかいう情報の入手は、結局自分で何とかするしか無い状況です。

その結果、日頃いろいろと自分でエクセルを使っているうちになんとなく習慣化したやり方が定着し、うまい方法で習慣化した人とそうでない方法で習慣化した人との生産性格差が大きくなってしまうのです。

このブログでは、できるだけ私自身の経験や、過去に発行していたメルマガ、あるいはこのブログを通しての質問や情報提供を全部加味して、ビジネスの場面で本当に効果的にエクセルを活用するためにはどういう視点で使っていけば良いのかを、実例を通して把握していただこうとしています。(そういった意味で、エクセルを触ったことがない方や、すでにバリバリ使いこなしている方は対象外と言っています。)
今後とも、皆さまのご意見・ご質問等、お待ちしております。

"エクセルを活用"して業務効率を最大化する

経路探索画面↓(結果が必ずしも最適とは限らない)

前回電車の話をしましたが、要は自分がいつも採用しているやり方は最適な方法とは限りません。

これは普段の生活におけるこまごまとした用事だけではなく、仕事においても同様のことが言えます。
もしかすると、最適な方法でやれば10分で終わる仕事を何時間もかけてやっているかも知れません。
特に最近はITの活用が進み、どんな業務をするにも何らかのシステムを使わないとできない場合が多く、それをうまく使いこなせる人と使いこなせない人との生産性格差は広がる一方です。

エクセルをこういうシステムと同列に扱っていいかどうかはわかりませんが、一日の業務の中でエクセルを開いている時間が長い方(特に管理系部門のスタッフ層はほとんどそうだと思います)は、その使い方によって同様のことが起こっているに違いありません。

ところが、市販の本を読んだだけではこの状況は改善されません。なぜなら、現在ごまんとあるエクセル本は、エクセルの機能の解説にフォーカスされたものがほとんどで、実際のビジネスシーンでそういった機能をどう活用したら良いかを教えてくれないからです。

Page 1 / 212

アーカイブ

  • facebook
  • twitter
PAGETOP